cURL のコンパイル – zlib編

cURL のコンパイル – OpenSSL編 の続きです。
今回は、zlib をコンパイルします。

 

» zlib のコンパイル

  1. zlib-1.2.5.tar.gz を解凍する
  2. zlib を解凍したフォルダ内 win32\Makefile.msc をメモ帳などのテキスト エディタで開き、25行目の -MD を -MTに変更する
    CFLAGS  = -nologo -MT -W3 -O2 -Oy- -Zi -Fd"zlib" $(LOC)
  3. Visual C++ のコマンドプロンプトを開く
  4. zlib を解凍したディレクトリへ移動し、以下のコマンドを実行する。
    > nmake -f win32\Makefile.msc OBJA="inffast.obj"
    • なお、より zipコードの解凍速度等が早いと思われるアセンブリのコードが用意されていますので、そちらのコードを使うこともできます。アセンブラとしては MASM(ml.exe)が必要ですが、Visual C++ に付属しています。
    • アセンブリコードを使う場合は、上記の nmake に代わって以下のコマンドを実行します。
      > nmake -f win32/Makefile.msc LOC="-DASMV -DASMINF" OBJA="match686.obj inffas32.obj"
  5. 以上で、zlib のコンパイル完了

今回はとても短い作業でした。次回はいよいよ cURL をコンパイルします。

 

関連するコンテンツ


コメントを残す


メモ - 以下の HTML タグと属性が利用できます。
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>