URoad-8000 の使い心地

YAMADA WiMAX は NEC Aterm WM3500R の故障によって、年間パスポート契約満了月末日に解約し、代わりに Biglobe の WiMAX を契約して URoad-8000 を手にしたところまでが、今までの WiMAX ストーリーです(笑)

12月1日になって、BIGLOBE高速モバイルWiMAX のキャンペーンは終了したのかなーとチェックしてみると…

愕然。。。

キャッシュバックが5,000円から12,000円に増えてました。1

7,000円も増えるなら 11月に申し込むんじゃなくて12月に申し込めばよかったなーと若干の後悔をしたわけですが、まぁ、こればかりは Biglobe の内部情報を知っていたわけじゃないので仕方ありません。

そして、WiMAXルータを URoad-8000 に切り替えて1ヶ月ほど経過したわけですが、使い心地について書きたいと思います。

ただ、設定に関しては、WM3500R に比べるとあまり変更できる箇所が少なく、2011年内中に行われるアップデートが気になるところだったりします。

 

» 2つの SSID

URoad-8000 は2つの SSID を持っています。

本体の蓄電池が入るスペースに書かれている SSID は1つめの SSID とパスフレーズで、WPS により設定される SSID は2つめの SSID (既定値は URoadWPS-*******) になります。

両方の SSID ともに ビーコン に SSID名を表示させない(機能上は「解除」)ことが可能ですが、残念ながら、どちらかの SSID の送出をやめると言った機能は無いようです。

 

» ワイヤレス・セキュリティ設定

各 SSID ごとに設定できます。

WPA2-PSK、WPAアルゴリズムに AES を選んでおき、どうしてもこの設定では接続できない機器(WEPのみなど)を2つ目の SSID で管理したいところですが、特に SSID ごとに VLAN で分かれるとか、片方の SSID 側のネットワークからのアクセスを制限するとか、そういったいわゆる「ネットワーク分離」機能は備わっていないようです。

 

» VPN設定

「ファイアウォール」→ 「システムファイアウォール」をたどり、「VPNパススルー機能」を「許可」にしないと、P2TP 通信ができません。

許可せずとも、L2TP over IPSec は可能でした。

 

» その他

Android 携帯電話の N-06C と iPod Touch、ノートPCで接続が確認できています。
特に問題はありませんが、N-06Cの方が iPod Touch に比べて通信速度が下回るような気がします。

  1. うち、7,000円が3ヶ月利用するとキャッシュバックされ、残り5,000円は約1年後に支払われます。 []

 

関連するコンテンツ


コメントを残す


メモ - 以下の HTML タグと属性が利用できます。
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>