N-06C の SIP事情 – オススメの SIPフォン アプリ

このレビューは以下のような条件下において行っております。

  • テスト機は MEDIAS WP N-06C
  • SIP, IAX の Register 先は Asterisk 1.8.x系
  • 音量が小さい問題は N-06C 特有の問題だと思われる(アプリのユーザレビューに、音量が小さいなどと言ったクレームが見あたらないため。)

そのため、他の Android 端末ではそのまま当てはまらない点もあるかと思いますので、予めご了承ください。



3CXPhone

良くできているというイメージの SIPフォンです
バッテリー消費も少ないと思います

複数 SIPアカウントに対応しています。

 

良い点

  • 伝統的なプッシュホンなので、直感的で使いやすい
  • 携帯本体の電話と、3CX Phone は別物として電話機能が提供される。最近のバージョンは通話ログは本体にも残せる。
  • 最近のバージョンは通話ログは本体にも残せる。
  • 電話帳からのコールは 0発信などの設定項目が直感的にすぐわかる。

 

悪い点

  • 最大音量にしても音声が聞き取りづらい。さらに携帯本体を耳に当てると、さらに音が小さくなってしまう(受話口モードと思われる)
  • 音声検索が、「オーディオエラー」となって、使用不可能になる。

 

Tips

  • 特になし

 


 


CSipSimple

音量の小ささに諦めかけていたときに出会った SIPフォン
強制終了も一度も無く、とても安定しています
携帯本体と統合させても、電話をどちらから発信するかなどを選べ、とても便利です

 

良い点

  • Android 自体の電話と統合するかどうか選択できる (Integrate with Android)
    • 統合させても、携帯本体の電話から電話するときは、どのアプリを使うか選択できる。もちろん選択肢には本体の「電話」もある。
  • 統合しない場合は、Android の電話と別々になり、通話履歴も共有されないが、設定で Dialer と Call logs は別々に統合するかしないか選択可能といった気配り。
  • 音量が耳に当てても小さくならず、聞き取りやすい
  • 0発信などの prefix は Filter 設定から行える

 

悪い点

  • 音声は通話のたびに、最大音量にしないと屋外では少し聞きづらい。

 

Tips

  • 0発信設定は、Filter 設定の Rewrite ルールで行える。
    • たとえば、Custom RegExp で ^0[^0] & Prefix by 0 に設定すれば、0 で始まり次の1文字が0以外の番号については、先頭に 0 を付けて発信されるようになる。
  • この Rewrite ルールだと、電話帳に 0063 など、00 で始まる番号があった場合はそのままの発信になってしまうので、別の Rewrite ルールを作成する必要がある
    • ただし、00 で始まる番号は、050業者や、03, 06 等いわゆる 0AB~J番号を Asterisk で扱える アジルフォンや東西 NTTの ひかり電話 が発信対応していない場合が多いと思われるので、検討順位は低い。

 

» 結論

最初にも書きましたが、「CSipSimple」が一番私にあっていました。

もし、N-06C をお使いで、なんか SIPの音量が小さいんだよな-、とか色々なご不満があれば、このアプリを試してみる価値があるかと思いますヨ。



前のページへ

 

関連するコンテンツ


コメントを残す


メモ - 以下の HTML タグと属性が利用できます。
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>