Syslog-ng 3.x を Cent OS にインストールする

Syslog-ng には バージョン 2.x系と 3.x系があります。 2.x系の方は使っている方も多いので Web上に情報も多いです。

ただし、2.0/2.1系は既に obsolete になっているので、 今後バージョンアップすることも無いでしょう。

新規にインストールする場合は、3.x系で OK です。ただし、パッケージは、良いものが見あたらないかもしれません。(あまり探してません。)

インストール方法を説明していきます。

 

どうしても Version 2.1 が良い

EPEL に Ver. 2.1.4のパッケージがありますので、これを使いましょう。

  1. VPSにログインする
  2. EPEL リポジトリを使えるように必要なパッケージをインストールする
    # rpm -Uvh http://download.fedora.redhat.com/pub/epel/5/i386/epel-release-5-4.noarch.rpm
    # vi /etc/yum.repos.d/epel.repo
    
    [epel]
    enabled=0
    • enabled=1 のままだと、yum でのインストールやアップデートで epel を常に使ってしまうので、enabled=0 にしておきます。
  3. Syslog-ng をインストールする。
    # yum --enablerepo=epel -y install syslog-ng

 

注意
最新版がリリースされた場合は、yum –enablerepo=epel update syslog-ng コマンドでアップデートできます。

 


次ページへ

 

関連するコンテンツ


コメントを残す


メモ - 以下の HTML タグと属性が利用できます。
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>