月間アーカイブ: 2月 2011

三井住友カードの ofx形式での明細提供終了対策

2011年の1月末で、三井住友カード(SMCC)は、Web明細の提供方法を CSV 形式に一本化しました。

以前までは Microsoft Money 形式(ofx形式)での明細提供もしていましたが、Microsoft Money シリーズの販売が終了し、 ついに、2011-01-31で、全てのシリーズの Microsoft社によるサポートが終了したという理由で、提供を打ち切ったようです。

Microsoft Money形式と書きましたが、今では正確には OFX形式という XML で記述されたオープンな ファイル形式(http://www.ofx.net/)となっており、仕様が公開されているために、この形式に対応しているソフトも数多くある中での提供終了は理解しがたいものがあります。

 

そこで

そんなオープンなファイル形式なわけなので、サポートを続けてくれませんか? と三井住友カードへ問い合わせてみたのですが、

続きを読む »

ESXi 4.1 へのアップグレード方法

ESXi 3.5 からアップグレードしたい

ESXi 3.5 から ESXi 4.1 へアップグレードしたい人向けの内容です。

ESXi 3.5 は 細かいビルドの違いはありますが、一応公式には全て ESXi 4.0 または 4.1 にアップデートできるとあります。 (http://www.vmware.com/pdf/vsphere4/r41/vsp_41_upgrade_guide.pdf

上記の PDFガイドによると、ESXi 3.5 は esxupdate コマンド等のコマンドでは ESXi 4.x にアップデートできないことになっており、 VMware vCenter Update Manager を使ってアップデートせよ、とあります。

続きを読む »

LogZilla を Cent OS にインストールする

LogZilla は、Syslog-ng で受け取った syslog を MySQL データベースに保存して、Web ブラウザを通じて GUIでログの管理ができるソフトウェアです。

LogZilla の前進ソフト php-syslog-ng 2.x までは Donate(寄付) ソフト、と言うか、基本的には完全な OSS (Open Source Software) でフリーでした。

ところが、現在のバージョンの LogZilla にはフリー エディションもありますが、Syslog が100万メッセージを超えるような環境下(中~大規模な環境)で使う場合には、有償ライセンスを買わなければならなくなり、実質的には有償ソフトウェアになってしまいました。

ここだけ、ちょっと残念な感じですが、たとえば、契約している VPS の Syslog などはあまり見ないことが多いと思いますので、LogZilla をインストールして、普段から VPS の体調(Syslog)を Web から確認できるようにしておきましょう。(複数のサーバがある場合でも一つに集約できます。)
続きを読む »

1 / 11