BTL-RDC4BK で N-06C を充電する

SANWA SUPPLY ポータブルバッテリー充電器 BTL-RDC4BK

楽天市場 のあるショップで、送料630円を無料にするため1に、サンワサプライの BTL-RDC4BK を一緒に購入してみたのですが、これがなかなか、たったの 50g しかないのに iPod Touch や WiMAXモバイルルータの PA-WM3500R をしっかりと充電できて、しかも肝心の  BTL-RDC4BK 本体の方の充電は PCなどの USB から充電できる、なかなか便利なヤツでした。

右側の画像リンクは Amazon.co.jp ですが、こちらの方が少しだけ安いです。

単三乾電池2本の充電器タイプでも 70g しかないのですが、その差たったの 20g でも BTL-RDC4BK は本体が 8.3mmと「薄っぺらい」のでとても軽く感じます。

と、ベタ褒めしてみたのですが、docomo のスマートフォンである N-06C を付属のマイクロUSB コネクタで充電することができません。同じマイクロUSB コネクタである PA-WM3500R は問題なく充電できるのでコネクタ(ケーブル)の異常では無いようです。

では、タイトル通り、この充電器を使って N-06C を充電するにはどうすれば良いか。

それは…

なんと、BTL-RDC4BK 側には USB の受け側(メス側)ケーブルを挿して、さらに市販されている充電用の FOMAケーブルを N-06C に付属してきた FOMA用コネクタ(UART)→マイクロUSB 変換ケーブルに接続すれば、BTL-RDC4BK で充電できるのです!

※クリックで大きな画像になります。

ただし、FOMAケーブルは、データ通信可能なものを使ってはいけません。こういったケーブルでは充電はできませんでした。同じく、普通のUSB←→マイクロUSB ケーブルでも充電はできませんので、必ずFOMA充電用ケーブルを使います。

 

充電用 USB←→マイクロUSBケーブル

ラスタバナナ スマートフォン 充電・通信切替ケーブル BK RB9HB41 RB9HB41

※2011-07-20追記

私は手元に無かったので最初は検証できなかったのですが、実は、「充電用 USB←→マイクロUSBケーブル」をお持ちなら、FOMAケーブルの代わりにすることができます。データ通信用のものは充電できないと先述していますが、充電用であれば、OKです。

検証は右の充電とデータ通信が両方できるケーブルで検証してみました。こういったケーブルの場合、最初に充電モードにしてから充電を行います。

 

ちなみに

充電器側の電圧は、公式には 5V ですが、テスターでは約 5.4V だったので電圧不足でもなさそうです。なのでおそらく、充電器側は、VBUS と GND だけの結線になっていると思われるので、N-06C側がそれでは充電できない仕様なのか、とにかく N-06C側の仕様であることは間違いなさそうです。

 


  1. この手法でいつも買い過ぎてしまう 🙂 []

 

関連するコンテンツ


コメントを残す


メモ - 以下の HTML タグと属性が利用できます。
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>