カテゴリー・アーカイブ: Application - ページ 2

複数ドメイン環境における SpamAssassin の設定にハマる

SpamAssassin

2010年には、さくらインターネットの さくらのVPS や DTI の ServersMan@VPS など 490円/月や 980円/月 の定額使用料で VPS (Virtual Private Server) が海外 VPS を使わずとも 国内で利用できるようになり、その VPS の利用方法としてメールサーバを自前で建てる人も多いかと思います。

そして複数ドメイン名を一つのメールサーバで管理するようになると、ハマるかもしれない、そんな内容です。

こんなことがありました。

続きを読む »

VMware Tools を VMware Player でインストール

VMware Player 3 の場合

2011年7月現在、最新版の VMware Player は 3.1.4 です。Version 3.0 以降の VMware Player は VMware Tools を Linux 用の VMware Workstation の tar.gz から抽出する必要は無くなりました。

さらには、VMware Player という名前であるにも関わらず、仮想マシン(VM)を作成することまで可能となっております。(VMware Server のサポートが終了したためと思われます。)

ですから、4、5年前の状況に比べれば格段に VMware Player の使い勝手はよくなっていますが、VMware Workstation や VMware ESX/ESXi Server とは違って、VMware Player には VMware Tools はインストーラには付属しておらず、ゲストOS をインストーする VM を起動したときに以下のようなウィンドウが表示されて、インターネットより VMware Tools の最新版の ISO ファイル1がダウンロードされます。

ISO ファイルが保存される場所は、既定では C:\Program Files\VMware\VMware Player\windows.iso です。(Windows 用の VMware Tools の場合。Linux 要は、linux.iso の名前)

つまり、インターネットに接続できる環境が必要になるので注意が必要です。

 

予め windows.iso を取得しておきたい

続きを読む »

  1. 厳密に言うとISOが直接というわけではないのですが。。 []

Singer Song Writer 5.0をWindows 2000/XP/Vista(x86)/7(x64) にインストールする

  1. このページの内容は、2002年 1月~ 公開している内容に Windows Vista(x86版)についての内容を追加したものです。
  2. また、ダウンロード用のリンクは当時のままであるため、既に存在しない場合があります。
  3. さらに、Windows 7(x64版)についての情報も追加しました。

Singer Song Writer 5.0はもう既に生産の終了したソフトウェアですが、SC-8850のパッケージ版等に添付されていたので 使用されている方も多いと思います。1
しかし、このソフト、そのままでは、Windows 2000/XP/Vista/7 にインストールできません。セットアップを互換モードで動作させ、OSを偽ってもソフト自体が Windows 2000/XPに対応していないため、起動しません。

続きを読む »

  1. 今となってはほとんど居ないと思われますが :'( []

ポートを開いているプロセス

Windows XP 以降なら、

>netstat -ano

と、-o オプションの追加でその TCP または UDP で LISTEN しているポートのプロセスを特定できるのですが、Linux の場合には -oオプションは別の意味になっています。では Linux ではどうすればいいのうでしょうか。

続きを読む »

OpenSSL for Windows

OpenSSL (とcURL と zlib) を自分でコンパイルする

OpenSSL を Visual C++(以下、VC++)でコンパイルするコンテンツでした。

WordPress へ移行時に、コンテンツを移行してもよかったのですが、最初のポスト日が 2005年とかなり古かったので、移行してありません。

その代わりに、2011年版のコンパイル方法を新しい記事としてアップしました。

    1. cURL のコンパイル – OpenSSL編
    2. cURL のコンパイル – zlib編
    3. cURL のコンパイル – cURL編

ご覧頂ければ幸いです。

なお、OpenSSL のライブラリが必要な場合は、最新のバイナリは上記の「cURL のコンパイル – cURL編」でダウンロード可能ですので、よろしくお願いします。

 

2 / 212